通常の社員研修の一例

通常の社員研修は、電話や文章のマナーなど基本的なことを学習し、業界や会社の現状などの把握に進みます。ほとんどは座学で、時に実習形式になることもあります。これから会社の中で行っていく業務や心構えを把握し、テストや計画書を作成して研修終了となる場合が多いです。講師は社内の人間だけが担当することもありますし、全て外部の講師が担当する場合もあります。社内のことだけは社内の人間が担当し、マナーに関しては外部が担当するというケースもあります。

特殊な社員研修の一例

マナーや業界を学ぶ一般的な社員研修の他に、特殊な社員研修もあります。これは、精神面を鍛えることを第一目的としており厳しい社会で生き抜く為の忍耐力を身につけます。例えば、街中で企業理念を大声で何回も叫ぶなど周囲の視線が気になる中で課題をこなす研修があります。また、一日だけでなく宿泊を伴ってまるで軍隊の訓練のような生活を送る研修もあります。極端な話、社員研修に正解も不正解もないのでどんな内容であろうと吸収するしかありません。

社員研修は社員の為です

社員研修は何の為に行われるのかという質問があるとすれば、それは社員の為という答え以外に他はありません。社員が基本的な能力を身につけて、これから会社で活躍していく為の投資なのです。一般的な社員研修はもちろん、軍隊のような社員研修も、決して社員をいじめようとしているのではなく、精神的タフになって欲しいという願いが込められています。残念なことに社員研修を終えた途端に退職願いを書く方もいますが、全ては自分の為なのだと認識する必要があります。

管理職研修を受けることで、部下の育成や管理をするうえで、必要な知識を学ぶことが出来、将来のキャリアアップにつながります。