誰にでも知られたくないことがある!

誰にも知られたくないことを考えてみましょう。誰にだって人に知られたくないことや見られたくない情報があるはずです。例えば、携帯電話のデータやパソコン内にある写真やファイル、見せられるものもあれば、絶対に見せられない情報もあるのではないでしょうか?自分だけしか知らない情報は、その情報をしっかり管理することで外部に漏れないようにするべきですよ。機械ならロック機能があるものを使用したり、そういった機能を活用することでプライバシーを保護することができるでしょう。

データも現物もしっかり管理する!

データなどは流出しやすい一方、暗証番号を設定することによってプライバシーの保護が可能にもなります。データ外の物、例えばカードであったり、財布であったり、契約書であったり、現物ベースものに限っては本人の管理方法に責任が発生しますよ。家の鍵を掛けずに出かけてしまえば、空き巣に入られる可能性もあります。鍵のかけ忘れは、窃盗だけでなく、個人情報流出の原因にもなると自覚しておくべきでしょうね。こうして考えてみると、私たちの周りには守らなければならない情報がたくさんあることが分かります。

秘密を処分する方法!

重要なデータも要らなくなるときがありますよね。要らないデータは削除することも簡単ですが、万が一後々に必要になることもあり得ます。パソコンやスマホ内にあるデータは、フラッシュメモリーなどにバックアップしておくこともできます。フラッシュメモリー内のデータを処分する時は、再びパソコンに接続すれば、データ削除が可能です。最悪の場合、フラッシュメモリーをトンカチなどで破壊してしまえば、そのデータは誰にも読み取ることはできなくなります。

少し前に特定機密保護法が施行され話題となった機密文書ですが、どのようなものなのでしょうか。簡単に言えば、この場合国の機密、例えば軍事機密などが書いてあり公開できないものをさします。