紫外線を防いでくれる!

インテリアの中で、カーテンはとても重要な役割を果たします。オシャレのためだけに、カーテンをすると勘違いしている方も多いです。今回紹介する3つの効果は、カーテンが私たちの生活にもたらす効果を代表したものになります。是非、これを参考にカーテン選びを楽しみましょう。まずは紫外線対策効果です。カーテンの種類には、主にホワイトレース形状の窓側カーテンと、部屋側の分厚いメインカーテンに分けられますよね。特に、この窓側カーテンは紫外線を防ぎ、室内に入り込ませない機能を兼ね備えた商品が多くあます。日光の明るさを部屋に取り込みながら、紫外線だけをカットできる優れものですよ。

空間の印象を大きく変えられる!

続いて紹介するカーテンの効果は、インテリア空間の演出効果です。部屋の中でも、窓の閉める割合はとても大きいですよね。したがって、カーテンのカラーリングやデザインは、空間のイメージに大きく作用します。暖色系のデザインを選べば、空間に温もりを演出できます。逆に、寒色系やモノクロのカーテンを使うと、クールでモダンシンプルな空間を表現する事ができますよ。自分のつくりあげたい部屋の雰囲気によって、カラーリングやデザインを吟味しましょう。

視界を防ぎプライバシーを守る役割!

3つ目の重要な効果は、プライバシー保護効果になります。特に夜間は外が暗く、部屋の方が明るくなるため、部屋の様子が外から見えやすくなります。この場合に、遮光カーテンをつける事で、部屋の在宅状況ですら外から確認できなくする効果をもたらします。視界を妨げ、光も透過させないことで、ストーカー対策にもなりますよ。以上のようにデザイン性だけではなく、機能性でも様々な効果をもたらしてくれるカーテンは、インテリアのコーディネートになくてはならない存在です。

ひもカーテンを間仕切りとして使用すると行き来がしやすく、デザイン性にも優れていてインテリアとしても大活躍します。